対馬の車検 自動車整備工場 対馬モーターサービス 車屋日記

    日本で唯一韓国が望める国境の島、対馬より 長崎県対馬市厳原町で自動車整備工場を営んでおります。 車検、点検、板金、新車販売、など車のことなら何でもご相談下さい。   このブログでは対馬市でのイベントや出来事を車屋、対馬市民としての目線でたくさん紹介していきたいと思っております。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    三菱アウトランダーPHEV

    三菱車も☆もちろん取り扱っております。
    対馬モーターサービス管理人kawaです


    今日は先々月発売しました。
    三菱自動車の生み出した最高傑作とまで、宣伝してる車!!
    「アウトランダーPHEV」の紹介です。
    まず名前のあとのPHEVはプラグインハイブリッドElectric Vehicle
    の略でこれ私の直訳では「家で充電できる電気自動車ですが、ハイブリッドでもあります」
    なんか矛盾を感じる訳になるのですがこの車の構造から考えるとこんな感じになります。

    わかりにくいですかわかりにくいですね

    では、ハイブリッドとは?二つ以上の能力を持つという意味があるのですが
    ガラパゴス諸島にイグアナがいます。
    主に陸上で生活拠点を置く「陸イグアナ」
    主に海で活動拠点とする「海イグアナ」
    この2種類が存在するのですが、近年そのどちらでも活動できる
    「ハイブリッドイグアナ」が発見されました。
    これだと普通のハイブリッドカーの説明になってしまうのですが、
    こっからまたややこしい例えになります。
    仮に陸がエンジンで、海が電気だとします、俺はどっちかというと
    海の食べ物が好きだ
    っていうハイブリッドイグアナがいて海でほとんど生活して食べ物がなくなってくると
    しょうがないので陸(エンジン)側で活動する…
    分かりましたか?
    こういう車です
    つまり電気自動車に重点を置いた、電気自動車から派生した車
    それがPHEVなのです。

    逆にわかりにくくなった感はありますが、ややこしい説明はこれぐらいに
    しておきます



    アウトランダー「燃費」
    67.0km/Lという数字に目を惹かれます
    これは複合燃費消費率と言って新しい燃費の表し方です。
    簡単に言うと電気とガソリンで走った場合の走行テストでの燃費率です。




    この記事先月掲載予定だったのですがなかなかまとめ倦ねておりました。
    メリットとデメリットがなかなか複雑でうまく伝えきれてないと思います。

    ただこの車、走行距離が1日60キロ以内だとほぼガソリンがいらないということはメリットだと思います。

    関連記事
    スポンサーサイト

    | 車全般 | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://tmskawa.blog79.fc2.com/tb.php/234-caeafe6e

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。